ChatGPT 何に使う?〜文章作成編①

当ページのリンクには広告が含まれています。
ChatGPT何に使う?文章作成編①

新しい技術が日々進化する中、人工知能(AI)は私たちの生活に革命をもたらしています。特にChatGPTは、その進化の速度と能力の広がりで注目されています。この記事では、ChatGPTの活用法として、どんな日本語文章を作成できるのかを探ります。実際にChatGPTで作ったスピーチ原稿を掲載し、プロンプトのコツ、そして効果的な文章作成の方法についても解説します。文章を書くのは苦手という方にとって、ChatGPTは強力なサポートツールになるはずです。

まずはChatGPTのおさらいから。ChatGPTは自然言語処理技術を用いたAIツールで、ユーザーの質問や要望に対して、自然な文章で応答することができるんだよ。文章作成、データ分析、言語学習など、幅広い用途で活用することが可能なんだ。

プロンプトとは?
「促す(もの)」という意味の英単語で、入力や処理などを促す文字列などを指す。「○○してください」というような指示文、命令文のこと。

目次

ChatGPT で文章作成が可能なケース

どんな文章を作ることができるのか。早速ChatGPTに聞いてきました。「ChatGPTの文書作成について、何ができるのか。具体的な例を複数挙げながら、分かりやすく解説してください」と指示すると、以下8つの例を挙げてくれました。 自分だったら、どんな場面で、何に使うか、イメージを膨らませてみてくださいね。

1.レポートや論文の執筆

(例)大気汚染に関するレポートを作成するために、環境問題、影響、対策などの情報をリサーチし、要約や分析を行う。

ChatGPTは関連情報を提供し、要約や詳細な説明をサポートしてくれるよ。引用文献のリストも生成可能。

2.ビジネスプランの起案

(例)新しいビジネスアイデアに基づくビジネスプランを作成する際、市場調査、競合分析、収益モデル、戦略などのセクションを埋める。

ChatGPTはビジネスプランの各セクションに関するアドバイスを提供し、必要な情報を提供。計算式や図表の作成もサポートしてくれるよ。

3.ブログ記事やウェブコンテンツの生成

(例)ファッションブログを運営している際、最新のファッショントレンドについての記事を書く。

ChatGPTはトピックに関する情報を提供し、魅力的な記事の構造を提案し、コンテンツの執筆を助けてくれる優れもの。

ChatGPTを使って2倍早く記事を書けるサービスはこちら↓

4.教育資料の作成

(例)教育者が新しい教科の教材を作成する際、特定のトピックに関する説明や練習問題を生成する。

ChatGPTは教科に関する情報を提供し、教材の構造や問題の設計をサポートしてくれるんだ。

5.プレゼンテーションのスピーチライティング

(例)重要なビジネスプレゼンテーションのためにスピーチを書く。

ChatGPTはプレゼンテーションの構造やキーポイントを提案し、スピーチの要約や説明文を生成するよ。

6.小説やストーリーの執筆

(例)小説のプロットやキャラクター、対話を生成し、物語の進行をサポートする。

ChatGPTは物語の要素に関するアイデアを提供し、クリエイティブな執筆プロセスを助けることができるんだ。

7.言語翻訳

(例) 文書を他の言語に翻訳する。

ChatGPTはテキストを異なる言語に翻訳し、多言語コミュニケーションを支援してくれる。

8.コードのドキュメンテーション

(例)プログラミングプロジェクトのコードの説明やドキュメントを生成する。

ChatGPTはコードの説明やサンプルコードを提供し、プロジェクトのドキュメンテーションを改善してくれるんだよ。

このように、ChatGPTは文書作成に幅広く活用できる強力なツールです。様々な用途に役立つ一方、文書の品質や正確性を確保するためには、生成されたテキストを注意深く、事実確認することが重要です。また、倫理的な使用と著作権にも注意してください。うまく活用できれば、副業にもつながります。

具体例(スピーチ原稿)

ChatGPTを使ってどんなレベルの文章が出来上がるか、実際に見てみましょう。ここでは、今季限りで引退するプロ野球選手が引退試合のセレモニーでファンに向けて挨拶する時のスピーチを考えてもらいました。

尊敬なるファンの皆様、

本日は、私の野球人生の節目とも言える引退の瞬間に、たくさんの温かいご声援とお見送りに包まれて、心から感謝しています。20年間、プロ野球という舞台で私の人生を賭けて戦い、支えてくださったファンの皆様に心からの感謝を申し上げます。

高校卒業後、ドラフト1位で入団してからこの瞬間まで、長いキャリアで多くの喜びや挫折、そして成長を経験しました。右肘の手術を受け、リハビリの日々に耐え、443日ぶりの勝利を挙げた瞬間。その時の感動と、2021年に初めて日本一に輝いた瞬間。これらは私の心に深く刻まれた思い出です。

負けず嫌いで、敗北に厳しい自分を乗り越えることができたのは、ファンの皆様の応援と温かいエールがあったからこそです。常に最高のパフォーマンスを発揮するために日々の体力管理に専念し、チームメイトたちと共に戦う中で培ったのは、ファンの皆様との絆でした。

若手選手たちへの指導や、ファンサービス、そして地域社会への貢献。これらは私がプロ野球選手として大切にしてきた価値であり、これからも引退後も続けていきます。野球以外の趣味にも興味を持ち、幅広い人生を謳歌していくことが私の新たな夢です。

今後、野球界に恩返しをするためにも精進していきますが、その一方でファンの皆様に感謝を伝える言葉があります。ファンの皆様の応援がなければ、私はここまで来ることはできませんでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

最後になりますが、この素晴らしい20年間を共に過ごしてくれたチームメイト、コーチ陣、そしてスタッフの皆様にも心から感謝申し上げます。私の引退は新たなチャレンジの始まりであり、これからも新たな夢に向かって進んでいきます。

最後に、改めて、心よりありがとうございました。これからもずっと、ファンの皆様と一緒に歩んでいけたら幸いです。ありがとう、そしてさようなら。

ChatGPT

いかがでしょうか? 出だしの「尊敬なるファンの皆様」という表現は日本語としておかしいですね。その直後の「お見送りに包まれて」も修正しなければいけないでしょう。でも、そのほかは、引退選手がこのまま話したとしても全く違和感ありません。高卒で入団してから20年間の道のりと思いがしっかりと表現されています。

これを草稿として、ここに肉付けしていけば、より良い原稿が短時間で完成するはずです。

私はスピーチライターを主人公にした原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」という小説が好きなのですが、スピーチライターという仕事はいずれChatGPTに取って代わられるかもしれませんね。

プロンプト(指示文)の重要性

どんな文章が出来上がるかは、どういう質問をするかによって大きく変わります。ChatGPTでは、質問=指示文をプロンプトと呼びます。このプロンプトのコツは、質問や指示を明確にすることです。同時に、出力の長さやスタイルを調整することで、より望む形のテキストを生成することができます。

先程のスピーチ原稿の場合、依頼者を「引退するプロ野球選手」、制作者を「スピーチライティングのスキルを有する人」と設定。目標を「プロ野球選手が感謝の気持ちを込めた引退試合スピーチを作成し、ファンに感動と共感を提供する」としました。経歴や性格、エピソードを参考条件として細かく書き加えた後、「上記のプロ野球選手が引退後のセレモニーでファンに感謝を伝える感動的なスピーチを書いてください」と指示しました。

プロンプトは記号も含めて1110字に及びました。実際のスピーチ原稿が781字ですから、プロンプトの文字数の方が多いわけです。それなら、直接原稿を書いた方が早いんじゃないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。プロンプトにはある程度の雛形があるので、それほど時間はかかりません。

しかも、ChatGPTに入力してしまえば、わずか数秒で文章が作成されます。もし気に入らなければ、「もっとファンへの感謝を強調してほしい」とか「もう少し長い文章にしてほしい」といった追加のプロンプトを投入すれば、十数秒で出し直してくれます。ピンと来るものが出力されたら、それに修正を加える方が絶対に早いです。

このスピーチ原稿は、無料版のChatGPT-3.5で作りました。費用は一切かからずに、これだけのものができるのですからChatGPT恐るべしです。

まとめ

この記事では、AIの進化に焦点を当て、特にChatGPTの活用法について説明しました。ChatGPTは自然言語処理技術を用いたAIツールで、文章作成など多くの用途に利用可能です。具体的な文章作成に関しては、スピーチ原稿を作成し、プロンプトの重要性や具体的な利用例も解説しました。

ChatGPTを活用すれば、レポートや論文の執筆、ビジネスプランの起案、ブログ記事やウェブコンテンツの生成、教育資料の作成、プレゼンテーションのスピーチライティング、小説やストーリーの執筆、言語翻訳、コードのドキュメンテーションなど、様々な文章作成のサポートが可能です。

ただし、文章の品質や正確性には注意が必要であり、倫理的な使用と著作権にも留意すべきです。

ChatGPTは、文章作成の効率化や、創造性の発揮を支援するツールとして、今後もますます活用されていくと考えられます。

私の尊敬する七里信一さんが「ChatGPT活用セミナー」を主催します!ZOOMでの無料セミナーでChatGPTの奥深さを学べます。8つの特典も魅力。この機会をお見逃しなく!
hhttps://ex-pa.jp/it/2XJI/Zgd

ChatGPT何に使う?文章作成編①

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ChatGPTを楽しく勉強中です。大学生の頃はPCも携帯もなく、友人宅の電話番号を暗記していた世代なので、隔世の感があります。勉強のアウトプットを兼ねて、役に立つ情報を発信していきます。

目次