ChatGPT のチャット履歴をオフにする方法:生成AI 使用時のセキュリティ対策

猫でもわかるChatGPT

     

      

生成AIの時代が到来し、私たちの生活は便利になりましたが、それに伴う新たな課題も浮上しています。特に、個人情報の安全性は多くの人々にとって大きな関心事です。この記事では、生成AIを使用する際の個人情報の扱いに焦点を当て、安全な利用方法を詳しく解説します。ChatGPTなどのAIツールを使う際のリスクから保護するための具体的な対策とベストプラクティスを提供し、あなたのデータを安全に保つための知識を深めることができます。

生成AIツールに入力した情報って、どんな風に使われるんだろう? 
ちょっと心配…。

目次

はじめに:生成AI とは何か、なぜ個人情報が重要なのか

生成AI、特にChatGPTのようなモデルは、日常生活の多くの側面に革命をもたらしています。これらのAIは、テキスト生成からデータ分析まで、さまざまなタスクを自動化し、効率化する能力を持っています。しかし、これらの技術が個人情報をどのように扱うかについては、多くの疑問があります。

個人情報の重要性は、今日のデジタル社会において非常に高く、不適切な管理は重大なプライバシー侵害やセキュリティリスクにつながります。生成AIを使用する際には、これらの情報がどのように収集、使用、保護されるかを理解することが不可欠です。

生成AI 利用時のリスク:個人情報の漏洩とその影響

生成AIを使用する際の最大の懸念の一つは、個人情報の漏洩です。例えば、AIに敏感なデータを入力した場合、その情報が不適切に保存されたり、第三者にアクセスされたりする可能性があります。これは、個人のプライバシーの侵害だけでなく、詐欺やアイデンティティ盗用などのリスクを高める可能性があります。

個人情報が漏洩した場合、その影響は計り知れません。個人の評判や信用が損なわれるだけでなく、法的な問題に発展することもあります。そのため、生成AIを利用する際には、どのような情報を共有するかを慎重に考慮し、適切なセキュリティ対策を講じることが重要です。

安全な生成AI の使用方法:ベストプラクティスと注意点

生成AIを安全に使用するためには、いくつかのベストプラクティスを守ることが重要です。まず、個人情報を含むデータの入力は最小限に抑え、必要な場合は匿名化や偽名の使用を検討してください。また、使用するAIサービスのプライバシーポリシーを確認し、データがどのように扱われるかを理解することも重要です。

さらに、生成AIを利用する際には、セキュリティ対策を強化することが推奨されます。これには、強力なパスワードの使用、二要素認証の設定、定期的なセキュリティチェックが含まれます。これらの対策は、個人情報の不正アクセスや漏洩を防ぐのに役立ちます。

ChatGPT を例に:チャット履歴の管理法

ChatGPTのような生成AIを使用する際には、特に個人情報の安全な管理が重要です。ChatGPTを使用する際には、個人的な情報や敏感なデータを入力することを避けるべきです。また、ChatGPTが生成する情報や応答が、常に正確または信頼できるとは限らないことを理解しておくことも大切です。

ChatGPTを利用する際のセキュリティ対策としては、会話の履歴を定期的に確認し、敏感な情報が含まれていないことを確認することが挙げられます。また、ChatGPTの使用環境(例えば、公共のWi-Fiなど)にも注意し、セキュアな接続を確保することが推奨されます。

ChatGPT のチャット履歴をオフにする方法

ChatGPTでは、会話をモデルのトレーニングに使用するかどうかを選択できます。履歴を残したいくない方は、この設定をオフしておくと良いでしょう。ただし、チャット履歴をオフにした場合でも、悪用を監視するため、全ての会話が完全に削除されるまで30日間保存されます。また、チャット履歴をオフにすると、新しい会話は履歴サイドバーに表示されないので、ご注意ください。設定手順は以下の通りです。

【パソコンの場合】

1.左のサイドバーの一番下、自分のユーザーネームをクリックして、プラス設定&ベータを選択する。

ChatGPTのサイドバー画面
ChatGPTの画面

2.設定画面から「データ制御」を選び、「チャット履歴とトレーニング」をオフにする。

ChatGPTの設定がめん
ChatGPTの設定画面

【スマホの場合】(画像はiPhone)

1.左上のメニューをクリックして、一番下に表示されているユーザーネームの右横の3点リーダーをクリックする。

2.「Data Controls」を選び、「Chat History & Training」をオフにする

ChatGPTの設定画面
iPhoneのChatGPT設定画面
ChatGPTの設定画面
iPhoneのChatGPT設定画面

チャット履歴をオフにする設定そのものは、ブラウザやデバイス間で同期されません。各々で設定する必要があります。

ChatGPT の履歴を消去する方法

これまでの履歴を削除することもできます。パソコンでは、「設定」から「一般」に進み、「Delete all」をクリックすれば完了です。スマホでは、「Deta Controls」から「Delete All Chats」を選択します。この操作は、ブラウザやデバイスを問わず、全てに有効です。一時的に過去のチャットが履歴サイドバーに残っていたとしても、アクセスはできず、ブラウザをリフレッシュすると、きれいに消えます。

ChatGPTの設定画面
ChatGPTの設定画面

ChatGPT の履歴をダウンロードする方法

チャット履歴をChatGPTに残すのは嫌だけど、過去のチャットを手元に残したいという場合、エクスポートするという方法があります。

パソコンでは、設定の「データ制御」から「データをエクスポート」をクリックします。スマホでは設定の「Data Controls」から「Export Data」を選びます。

エクスポートされた履歴は、事前に登録されたメールアドレスに送られてきます。zipファイルを開くと、下記の内容でした。「chat.html」を開くと、これまでの全ての履歴が表示されます。

メールで届いたChatGPTのチャット履歴のファイル

将来の展望とユーザーの役割

生成AI技術は急速に進化しており、これに伴い、個人情報保護の方法も変化しています。将来的には、AIがより高度なセキュリティ対策を備え、個人情報の保護を強化する可能性があります。しかし、技術の進歩に伴い、新たなリスクも出現するため、ユーザー自身が常に警戒し、情報を最新の状態に保つことが重要です。

ユーザーとしての役割は、自分自身のデータを守ることに加え、生成AIを使用する際の倫理的な側面を考慮することも含まれます。個人情報の保護とセキュリティ対策の重要性を理解し、適切な行動を取ることが、安全なデジタル環境の構築に貢献します。

Q&A:よくある質問と回答

OpenAI は私の個人データをどのように使用しますか?

私たちの大規模な言語モデルは、公開されているコンテンツ、ライセンスされたコンテンツ、人間のレビュー担当者によって生成されたコンテンツを含む広範なテキストのコーパスでトレーニングされています。当社は、サービスの販売、広告、人々のプロフィールの構築にデータを使用しません。データは、人々にとってより役立つモデルを作成するために使用されます。たとえば、ChatGPT は、トレーニングを無効にすることを選択しない限り、人々がそれを使用して行う会話をさらにトレーニングすることで改善されます。

履歴を無効にした場合、その設定はすべての会話に適用されますか、それとも特定の会話を選択して有効にすることができますか?

履歴が無効になっている間、新しいチャットは 30 日以内にシステムから削除され、悪用を監視するために必要な場合にのみレビューされ、モデルのトレーニングには使用されません。既存の会話は引き続き保存され、オプトアウトしていない場合はモデルのトレーニングに使用できます。

履歴を無効にすると、会話が終了するとどうなりますか?

履歴を無効にすると、会話は履歴 (画面の左側) に表示されなくなり、復元できなくなります。チャット履歴が無効になっている場合、新しい会話は 30 日間保持され、悪用を監視するために必要な場合にのみ確認されてから、完全に削除されます。

履歴とトレーニングを無効にすることに関して制限はありますか?

履歴とトレーニングが無効になっている間、会話できる数に制限はありません。これは、無料サブスクリプションと Plus サブスクリプションの両方に適用されます。

※Open AIの「データ管理に関するよくある質問」より抜粋 リンク元

まとめ:生成AIを安全に利用するためのキーポイント

この記事では、生成AI使用時の個人情報の扱いに関する重要なポイントを解説しました。個人情報の保護は、生成AIを安全に利用するための鍵となります。ユーザーは、AIサービスのプライバシーポリシーを理解し、適切なセキュリティ対策を講じることが重要です。また、技術の進化に伴い、新たなリスクに対しても柔軟に対応する必要があります。安全な生成AIの使用を心がけ、デジタル社会における個人情報の保護に貢献しましょう。

猫でもわかるChatGPT

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ChatGPTを楽しく勉強中です。大学生の頃はPCも携帯もなく、友人宅の電話番号を暗記していた世代なので、隔世の感があります。勉強のアウトプットを兼ねて、役に立つ情報を発信していきます。

目次